子供のワキガの治療方法 

ワキガの人は、生まれつきワキガです。そのためワキガの小学生も存在します。

しかしワキガの小学生はアポクリン腺がまた未発達で香りも弱く、ワキガだと気づかない人も多いでしょう。
ワキガはだいたい思春期の9歳から14歳くらいの頃からにおいが強くなるといわれています。
そのため早い人だと小学校中学年くらいからワキガのにおいが強くなってきます。
小学生のワキガ治療は、切る方法と切らない方法の2種類に分けることが出来ます。
まだまだ香りが弱い子供のうちは切らない手術を選択する人が多いでしょう。
病院ではワキガ用のデオドラント用品を処方されることもありますし、切らない手術としてペアドライも推奨されています。
ペアドライは一度の施術で終わり、傷跡も残らないので安心して施術を受けることが出来るでしょう。
16歳以下でも安心して受けられますが、二次性徴で再発する可能性もあるので注意をしてください。
切る手術の場合は超音波とローラークランプが多いでしょう。
皮膚の上からアポクリン腺を吸い出す手術で傷跡も残りにくいと評判です。
確実にワキガを治すことが出来ますが、術後数日は若干痛みを感じるでしょう。

ワキガ 臭い